一刻も早く帰って、1分でも長く寝たい!

ーーーーーーーーーーーー

毎日ジムに行ったり、

ランニングしたり、

30分の運動をしましょう!

ーーーーーーーーーーーー

 

といわれ、

約何割の方が実践できるでしょうか?

 

それが、

✔︎医者に運動しなさいと指摘を受けた!

 

他にも、

✔︎ 数日中に健康診断がある!

✔︎ 夏がやってきて、もうすぐ薄着になる!

✔︎ 友人の結婚式でドレスを着る!

と言うのであれば、

実践できるかもしれません。

 

もしくは、

仕事で必ずやらなくてはいけない、

業務のひとつであれば出来るかもしれません。

 

しかし、そうでもなければ、

大抵の方はできません!

続いても、3日。

 

さらには、

ーーーーーーーーーーーーーーーー

普段、身体を動かす仕事をされている、

看護士さん、介護士さん、エスティシャン、

立ち仕事されている方は

尚更、そんな気は起こせないと思います!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

(そんな中でも、すでに運動習慣がある方は拍手もの(゚∀゚))

 

仕事でこれだけ身体を使っているのに、

さらに疲れること、、、

したくないですよね〜!!!

 

いってしまえば、

仕事しているだけで、

運動しているような気持ちになりませんか?

 

けれど、忘れてはいけないのは、

大抵の方が”運動”でなく

“酷使”になっているだけだということ!

 

ーーーーーーーー

健康の為の運動ではない事を知って下さい。

ーーーーーーーー  
 

だからと言って、

運動して下さいといってもそんな気力ありません。

早く休みたいし寝たいのです!…よね?

 

私もずっとそうでした。

頭の中には、”食欲”と”睡眠欲”だけ。

一刻もはやく帰宅して、

お風呂に入って1分でも長く寝たい!!!

それを長年続けてきました。

 

一般的に言われる、

運動は、外側の筋肉(疲れやすい)を使うものがほとんどです。

骨に近い内側の筋肉を鍛える事が、

疲れにくいしなやかで強い身体に変える

さらには運動習慣をつける為の近道なのです。

 

なぜかというと、

普段の仕事をしながら出来るからです◎

これが、”酷使”だけの労働を、

“しなやかでで強い身体にさせる”コツなのです。

 

内側の筋肉を鍛え上げると、

疲れにくい身体に出来るだけでなく、

力が抜ける身体に変われます。

 

Q.

毎日、ジムに行って強度60%以上の運動30分頑張るのと、

毎日、酷使労働の中で強度30%以下のながらエクササイズをすること

 

どちらが出来そうですか?

 

習慣化させるなら、

後者の方が断然身に付ける事ができると思います。

前者をするには、

大きな動機が必要になりますし、

後者を達成してからの方が

質の良い筋肉をつける事が出来ます^^

 

内側の筋肉を鍛える方法は、

外側の筋肉を鍛えるほど

一般的に知られていません。

 

さらには、

インナーマッスルという言葉は良く聞きますが、

その多くが外側の筋肉(アウターマッスル)を使用します。

 

本当の意味でインナーマッスルを鍛えるその一つが、

前回のメルマガでも説明させて頂いた”呼吸法”です◎

 

呼吸を少し変えれば疲れ方が変わるなら

やってみよう思いませんか?

 

「疲れた〜、一刻も早く帰宅して休みたい!」

という思いを抱く方を減らし、

しなやかで強い凝りゼロ体質に変わって頂きたい思います(゚∀゚)+。

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2016-12-13 | Posted in 生活習慣No Comments » 

関連記事

Comment





Comment