[ 図説 ]姿勢から見るラクでキレイな座り方とは・・・?

普段、よく質問いただくことですが、、、
長時間のデスクワーク中、
『どうすれば腰が痛くなりませんか???』

 

とのこと・・・

 

腰が痛くない人でも、
5時間も6時間も座っていれば
腰の筋肉は固まってきます。

人間のカラダは長時間の座り姿勢に
耐えられるようにできておりませんので、

1時間に一瞬でもいいので、
立ち上がるようにして下さい!!

 

また、デスクワーカー向けに
骨盤を支える器具?ふえてますよね。
どんどん似たようなものが年々出てきております。

 

 

たいていのものが、
がっちり骨盤を固定させるもの。
固定してしまう分、
筋力使わなくてラクですよね〜

 

しかし!!!

 

 

腰が痛くてどうしようもない!
(⬆︎ケア受ければ痛くなくなるので大丈夫です。w)
長時間座っていられなくて仕事にならない!

 

 

そんな人以外はつかわない方がいいです。

 

 

少なくとも、
私自身は使いたくないですし、
家族やカラダスッピンに来て頂いているお客様には
すすめません!!

 

なぜかというと・・・・

 

アウターの筋肉は楽かもしれませんが、
インナーの筋肉が弱化してしまうから・・・

座っている時に使われる筋肉は、
姿勢保持筋という
持久力のあるインナーの筋肉

アウターの筋肉は鍛えやすいですが、
インナーはそれに比べ鍛えにくいもの

だからこそ、
こういう器具にカラダが慣れてしまい、
筋力が弱化してしまうものなら
こういった座り器具をずっと使わないと
座り姿勢はしんどいくなっちゃいます。

今すぐのラクをとるか、
これから先のラクをどっちかです。

ではまず!
座り姿勢に大切
骨盤の構造を説明しましょう。

⬇︎⬇︎⬇︎

男の人♂女の人♀骨盤の形状は多少違います。

簡単に言ってしまうと・・・

 縦にながく/横にせまい
♀ 縦にせまく/横にながい

そうすると、何が変わってくるかと言いますと・・・
坐骨(ザコツ)の幅です。

 幅がせまい
♀ 幅がひろい

だから、、、
男性の方が骨盤を後傾しやすく、
股を開いてすわる方が多いのです。

図説していきますね。

例えば、
東京タワーの脚。

数が多く、
幅がひろいほど、

安定を増すのは想像できますか?

上が♂の骨盤
下が♀の骨盤です。

Q. どちらが安定しやすいでしょうか???

・・・・

A.  幅がある女性です!!

幅がない状態。
つまり安定感が低いとどうなるかというと・・・

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎

こういうことなんですね。
骨盤後傾しやすくなる!!

そうなると、
股関節(コカンセツ)は外に開くので、
男性の方の方が股を外に開きやすいのですねー。

なので、男性は特に注意して座っていただく必要があります!

坐骨(ザコツ)の幅をとって座れたらね、、

⬇︎⬇︎⬇︎

  yes!☆

このよう骨盤はやや前傾になる訳です。

骨盤を固定させる器具は、
坐骨の幅をせまくさせた状態で
維持させるので、
筋力を弱化させるだけでなく、

固定器具がない状態だと・・・・

こんな姿勢になりやすいのです。

⬇︎⬇︎⬇︎

そして、立ちあがると、、、
⬇︎⬇︎⬇︎

かっこ悪いのですよねー。

でも、逆を言うと!
座り姿勢を意識すれば、
立ち姿勢自体もキレイになってくる!

姿勢の基本はせぼね

せぼねの基盤となるのは骨盤

そして骨盤を支えるのは坐骨

そして、立ちあがると、、、

⬇︎⬇︎⬇︎

坐骨の重要性、わかって頂けたでしょうか?
だから私、皆様がケアを受けにいらっしゃる時に
坐骨を使えているかチェックしているのです!

KaradaSuppin.にお越しいただいているあなたには、
ただケアを受けるだけでなく、
より良くなるための方法を知って頂きたいと思っております!

1回1回のケアをより効果的に受けていただけるように、
お越しの際はたくさん質問して下さい^^

次回、あなたとカラダのことたくさんお話できることを
楽しみにしております!

KaradaSuppin. マツモトサヤカ

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2018-02-08 | Posted in 姿勢美人No Comments » 

関連記事

Comment





Comment