イスに長く座っているとイスの上に足をあげたくなる衝動にかられる反り腰さん![動画付き]

日本人は、
もともと畳生活のDNAが
刻みこまれているからなのか?

もしくは、

子供の頃の体育ずわりの習慣が
身についているからなのか?

 

イスを使ってても、
足をあげて座ってしまっている方が多いようです!!

 


イスの上に足をあげたくなってしまう理由は何?女性の方が多い?


せっかくの高機能なイスや

上等なソファにも関わらず!

 

その上に座ってしまう・・・・

 

あなたもそんな衝動
あるのではないでしょうか?

 

多くの方が疲れてくると
無意識にも

その上で、正座をしたり、
あぐらをかいたり、
体育座りしてしまうのものです。

 

さらには、
ソファに座らずに
その下に座るという方も
多くいらっしゃいます。
(ソファは腰掛け?的に)

 

この衝動って一体なぜなのでしょうか!?

 

考えられる理由ひとつめは・・・

 

女性に多い症状である、
足のむくみ/冷えにあります。

 

・常に座っている
・常に立ちっぱなし(直立状態が長い)

といった、
足をあまり動かさない状態でいると、

 

第2の心臓と言われるふくらはぎが、
固まってきます。


筋肉の基本は
収縮⇄弛緩です。

 

ふくらはぎにおいて
この収縮/弛緩は、
血液を心臓に押し返すための
ポンプの役割をします。

 

それがうまく働かないと、
ふくらはぎの血流/リンパの
流れはとどこおり、

 

冷え/むくみ/ハリを
生むのは当たり前なのです。

 

なので、
あなたは無意識に
足をできるだけ高い位置に持ち上げて、


血流の流れを少しでも
よくしているのです。

 

さらには、

 

女性はヒールを履きます。

 

 

ここ最近では、
ノーヒールパンプスなどが増えて、
高いヒールを履く方が
少なくなりました。

 

 

それでも、
女性のふくらはぎは
固まりやすい傾向にあります。

 

 


ヒールを履く方が
ふくらはぎを鍛えている!
だから健康的!

とおっしゃる美魔女さまや、
ウォーキング指導士がいます。

 

しかし、

ヒールを履いてると
ふくらはぎは収縮します。

しかし、弛緩はしません。

 

 

それは決して、

緊張している=質の良い筋肉(機能的な筋肉)

健康的な状態ではないのです。

 

例えるなら、
ボディービルダーは、
とてもかっこいい!!
もう、筋肉萌えなわたしとしてはたまりません。笑

 

しかし、
瞬発的なエネルギー生産性は高いものの、
持続的なエネルギーの生産性は低い。

 

きつい言い方になりますが、

 

アスリートなら別ですが、
現代社会において
その瞬発性は必要はなく、

関節可動域も
狭くなりやすいので、
柔軟性も少なく、

極めて機能性は低く
疲れやすいカラダと言えます。

 

これを
健康的といえるかというと、
おそらく違うように思います。

 

あなたのふくらはぎ、
もしかしたら、
疲れやすく機能性は
低いかもしれないということです。

 

つまり、ふくらはぎが
ずっと縮められている状態。
筋肉に取ってはずっと、
過剰労働をさせられている感じ。

 

 

例えるならば、
小さいお子さんを
ずーっと抱っこしている時の
腕の筋肉と同じです。

 

 

こういったママさんは、
腕はたくましく
発達しているのですが、
大抵、ひどい肩こりをお持ちです。

 

 

過剰な持続的な筋肉の収縮は、
他の部位に代償的な
痛み・コリをもたらします。

 

 

そして、ふくらはぎの筋肉の
過剰収縮は何をもたらすかというと・・・・


ハリ・コリ・冷えだけでなく、
腰痛を引き起こします。

 

 

 

座りっぱなし立ちっぱなし、ヒールをよく履く方にお勧めな体操

 

上記、2つのふくらはぎの
問題を抱えていらっしゃる方は、
こちらのエクササイズをお勧めします。


Step1: ハムストリングのストレッチ

Step2:   ふくらはぎのストレッチ

 

 

衝動的にイスの上に足をあげたくなる衝動!

考えられる理由ふたつめは・・・

 


反り腰です!

 

 

割合で言うと、
男性より女性の方が反り腰の比率は多く、
普段、反りかえるような姿勢を

している方は、

 

背骨を起こすための脊柱起立筋
反り腰でない方よりも、
過剰に緊張しています。

(これを過緊張といいます)

 

 

常に緊張をしていると、
それだけ疲労もしやすく
そんな時間が多い方は、
無意識に緊張させないような姿勢を

とりたくなるのです!!

 

 

それが、
足をイスの上に乗せる動作!
という訳です◎

↑人目が気にならなければ、本当はこんな姿勢をしたい衝動があるのではないでしょうか?

 

 

 

 

反り腰さんがイスの上に足をのせたくなるメカニズムとは?

 

あまり、しっくりこないと思うので・・・

 

もっと、反り腰さんが
イメージしやすいように表現すると。

 

反り腰のあなたが、
あお向けになったとします。



それでも、
反り腰の状態が続いています。

(腰と床の空間に手のひらが容易に入る)

 

大抵は、時間がたてば反り状態が緩和し、
腰が休まるのです。

 

が!

 

背中の筋肉が
過剰に緊張している反り腰さんは、

 

反りが戻らずに、
時間とともに

 

腰に鈍痛が出てきます。


そして、
膝を曲げたい衝動
に駆られるはずです!

 

 

この衝動こそが、
足をイスにのせたい衝動と同じなのです!

 

 

どういうことかとというと、
あお向けで膝を曲げると、
股関節は自然に曲がります。

 

そうすると
骨盤は反り腰とは逆の
方向に傾くので、

 

過剰緊張していた
背中の筋肉が
のばされやすくなります。

 

そして、
普段のクセを
緩和させることになります!

 

 

特に座っていて、

✔︎イイ姿勢で座らなければ!意識の高い方
✔︎無意識でも背中を反らしている方

 

は、足をイスの上にあげたくなる衝動が
強いのではないでしょうか?

 

 

股関節を曲げることで、
骨盤はうしろに傾き、
背中の緊張を
和らげる!いう訳です。

 

 

反り腰さんのための毎日のリカバリーエクササイズと注意点!

 

反り腰さんに注意して頂きたいことは、
1日の終わりに
しっかりリカバリーの体操を行うことです!

 

仰向けになったら、
①腰の下に手のひらを入れて、
その手を腹圧をかけながら
ご自身の腰で潰す。

※我ながら話すのが遅くてみていられなくなるので、(笑)
みなさまには、1.5-1.75倍速でご覧いただくことをお勧めします。

 

 

②仰向けて両膝を抱えて、
胸に引き寄せる。

 

このエクササイズで背中の緊張が楽になります。
(注:椎間板ヘルニアの既往歴がある方はやらないで下さい)

 

 

さらに、①の
ステップアップエクササイズとして、
こちらのエクササイズをお勧めします。

※同じく1.5-1.75倍速でご覧いただくことをお勧めします。

 

 

 

それでも、、、、
✔︎ 自然にスルスルと手が入ってしまう
✔︎ 仰向けになると腰が痛くてすぐ横になる
✔︎ 膝を曲げずにはいられない
✔︎ 立位で反り腰だけでなくお腹がポッコリ出ている
✔︎ すでに立っていて腰痛がある

 

そんな方は、
早めに骨格を整えることを
受けることをお勧めします!

 

 

 

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2020-04-14 | Posted in 姿勢美人No Comments » 

関連記事

Comment





Comment