いびきを予防改善させるために2つの身体機能を取り戻すこと

いびきを放っておくと睡眠の質を落とすことにつながる?

 

いびき:

 

それは、パートナーだけでなく

いびきをする本人の睡眠の質を落とす

大きな要因となります。

 

 

寝ても寝ても疲れている!

と訴える人の多くは、

夜間の酸素の取り込み量が

少ない可能性があります。

 

え?いびき程度で・・・?

と思いますが、

 

症状がひどくなると

➡︎無呼吸症候群

につながるからです。

 

 

 

そもそも、いびきをかく人の多くが

歳を重ねてから引き起こしています。

 

子供のいびきは少なく、

大人のいびきは多いもの。

 

子供のいびきは約10%、

成人の約70%。

 

つまり、

後天的な要素が強いということです。

 

老化が原因とも考えられますが・・・

 

結論から言うと、

いびきを予防改善させるためには、

2つの身体機能を取り戻すことが必要だと予想できます。

 

 

 

いびきを予防改善させるために必要な2つの身体機能とは?


1つ目が、
鼻腔を通るようにすること(鼻呼吸)

2つが、
首の正しくは頸椎の伸展を促進すること

※首の伸展とは、後ろにそらして
空を見上げるような動作です。

 

この2つが大きな改善のポイントであると考察しています。

 

その理由は、

多くの耳鼻咽喉科などのサイトから

いびき(無呼吸症候群)の原因は、

 

①口蓋垂が下がる 

②舌根の落下 

③軟口蓋による閉塞 

④口蓋扁桃腺肥大 

⑤周囲の脂肪(肥満によるもの)

 

などが挙げられています。

 

この5つの原因のうち、

ある1つの方法を実践することにより

 

① ② ③ ④の要因は除外することができる。

それが鼻呼吸をすることです。

 

ここまでは、いびきを気にして

いろいろ対処したり、

調べたていらっしゃることは

鼻呼吸が大切なこと

ご存知のことかと思います。

 

しかし、なぜ鼻呼吸をすることで

いびき予防になるか、、、

理由を知っていますか?

 

 

①口蓋垂 ③軟口蓋④口蓋扁桃に

関して口腔内で起こるので、

口を使わずに、鼻呼吸をすることによって

咽頭鼻部
⬇︎
咽頭口部
⬇︎
咽頭喉頭部

上記によって気動が確保されます。

 

 

この場合、

③軟口蓋は脳神経の三叉神経 運動枝は

存在しないため、

下垂をして軌道を塞ぐという

可能性を除外しての考察です。

 

④口蓋扁桃肥大による閉塞ですが、

口蓋扁桃腺肥大は口腔の閉塞を起こすが、

気道の閉塞を起こす可能性は低いと考えます。

 

理由は、風邪をひいて扁桃腺が腫れたときに、

ものを飲み込むのは困難ですが、

空気を鼻から吸う場合に苦しさはないからです。

 

また②舌根の落下の要素に至っては、

鼻呼吸ができないために、

口を大きく開けて口呼吸をした結果、

舌根が落下し気道が塞がれます。

 

しかし、口が閉じていれば、

神経的な障害がない限り、

舌根の落下は起こりにくいと考えられます。

 

口を開いて、舌を押し込むことは

できますが、

口を閉じてそれを行うのは

機能的に難しいはずです。

 

 

つまりこの場合、

鼻呼吸ができない事によって、

口呼吸するがために

舌根が落下したと考えられます。

 

 

 残るは、⑤周囲の脂肪による気道の圧迫です。

 

これら顎周りの脂肪によって、

頸椎の伸展機能に制限を起こします

 

事実、過去に肥満の既往歴がある方の多くが

周囲の脂肪組織により

頸椎の伸展の可動域が狭くなっています。

 

その伸展制限の仕方も

頸椎によるものでなく、

顎自体を高く持ち上げることが困難なようです。

 

一般的な気道確保をする場合、

顎を持ち上げます。

 

顎を引いた状態でいるのは

気道を狭くするからです。

 

顎周囲の脂肪により、

頸椎の伸展ができない状態でいると

気道を圧迫する可能性は容易に考えられます。

 

頸椎伸展の機能が落ちると、

やや屈曲(※)状態で固まりやすくなります。

※首を前に曲げる動作

 

たとえ、痩せて周囲の脂肪がなくなっても、

 頸椎の伸展制限が残る場合、

気道が確保しにくくなります。

 

そのために口を大きく開けてどうにか空気を取り込もうとし、

口蓋垂、口蓋軟骨、の振動を生み、

いびきが生じる。

 

 

上記の理由によって、

頸椎の伸展を促進すること、

鼻呼吸ができるようにすることによって、

口呼吸を防ぎいびきの改善になると

考えることができます。

 

 

 

呼吸は鼻でするのが正解!だと実体験から感じたできごと

 

いびきではないのですが、

私は幼い時からアレルギー性鼻炎を患っており、

常に、口呼吸が基本でした。

 

大学を卒業するまで、

寒い時期は、ポケットティッシュでは足りず、

いつも箱ティッシュを持ち歩いていました。

 

 

授業中は容易に鼻をかめないので、

ティッシュで鼻の穴を詰めてマスクをし、

鼻水が垂れることを防いでいたくらいです。笑

 

その時、私は生まれつき

アレルギー性鼻炎だから仕方ない!と、

自分で決め込んでいました。

 

しかし、10日間の瞑想合宿に参加したとき、

口呼吸をできるだけせずに

鼻呼吸をしてくださいと言われました。

 

負けずぎらいな性格なので、

無理してでもピーヒョロ鳴らせながらも

鼻呼吸をしつづけ、

鼻水を垂らしながら必死に鼻呼吸をしました。

 

驚くことにその瞑想会で手に入れたものは、

“気づき”や”悟り”でなく、

“アレルギー性鼻炎の完治”でした。笑

 

それからというもの

箱ティッシュはおろか

ポケットティッシュさえも

持ち歩かなくなりました。

 

つまり、鼻炎やアレルギーは、

自然に改善する余地があるのに

使えないと決めつけて、

その機能が低下させてしまうという

私自身の体験でした。

 

そして、空気は鼻で吸うのが正解なんだと

実体験から感じたできごとでした。

 

 

私の場合はスパルタ的な改善法でしたが、

ご自分が”鼻炎”と言う先入観が強すぎて、

口呼吸が当たり前になっているのかもしれません。

 

 

私はなぜ鼻の穴が2つあるのか

昔から不思議に思ってました。

 

強いては、

気道と食道がきっちり分かれていないことも

不思議だと思っていました。

 

本来、その二つが分かれていたら、

高齢者に多い

誤嚥性肺炎を起こさずに済みます。

 

きっと、

空気だけは絶対取り込まれないと

生命維持が難しいからだと思います。

 

空気を取り込むのは基本は鼻の穴だけど、

予備にもうひと穴あって、

最悪の場合、口を使う。

 

そういうことなのかと思います。

そして、それが、人にとって自然なことなのだと思います。

 

空気を取り込めないことには

生命維持に直結するからたくさん予備があるあもしれません。

酸素停止して8分で大脳は復活できなくなるそうです。。。

 

 

カラダの機能が精密に作られていて、

その機能の意味をちゃんと理解することが

根本解決になると信じています。

 

__________

● 鼻が通らない

● 首が反らせない

_________

 

という2点はカイロプラクティックと

頭蓋施術で改善が見込めます。

いびきでお悩みの方は一度ご相談いただけたらと思います。

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2020-05-12 | Posted in 睡眠No Comments » 

関連記事

Comment





Comment