安心してください!まだナプキンつけていますよ!

こんにちは
カイロプラクターの
松本さやかです。

前回の「布ナプキンなんでいいの?」
のブログが意外にご好評でした。
ありがとうございます!

今回は、その続編です。

現在、患者さんの中で
生理痛や不妊症、
女性周期が乱れている方に

___________________
あるプログラムを
実施しています。
___________________

目的は、
女性ホルモンの
バランスを取り戻すこと。

具体的には、、、

骨盤の開閉力をつけて、
自律神経のバランスを整えたり〜

経血コントロールで
ナプキンを半不要にしたり〜

そして一番は、、、
__________________
カラダの感覚を
よくすること♡
___________________

そうすれば、

自然に姿勢は整ってくるのです^^

女性患者さんに
経血コントロールの仕方を
お伝えすると、
“トイレで出す感覚が分からない!”
とおっしゃられます。

一回目でできる方は
おりませんのでご安心を!
(わたし10年かかってます。)

赤ちゃんが、
生まれてすぐにおしっこを
我慢できないのと一緒です。

ちょっと嫌な言い方かも
知れませんが、
_________________________
あなたは紙ナプキンという
オムツをつけてる状態です。
__________________________

お母さんや学校の先生に
「生理の血(経血)を出すのを
我慢しなさい!」と、
言われたことありますか?

お小水も、お便さまも、
子供の時に一生懸命我慢して
トイレで排泄するという
プロセスを学んだから、

________________________________
今、苦労なく出来ているのです!
________________________________

私は、周りの子より長い期間
お漏らしをしていたので
よく分かります。(*´v`)

「ナゼ、みんな
トイレまで我慢できるの?」
と思ってました。

尿意をもよおしてから
排泄までの時間が短いので、
失敗していたのです。

みんなすぐに、
出来るようになった訳では
ありませんよね!

友人の子供も
幼稚園に行く為に
一生懸命トイレの
トレーニングしてました。

「おしっこ、、、」

と細々とした声で
わたしに訴えてきた時は、

この子は、
「尿意」が分かるんだなぁ〜
素晴らしい子!
とママ気取りでおしっこ
させてあげました。笑

しつけられた
犬、猫ちゃんは別として、
空を飛ぶ鳥も、
野良猫も、

好きな所で、
好きにフンや
おしっこします。

鳥に関しては、
人を狙ってるんじゃないかと
疑いたくなる。

(´-`)

行ってしまえば、
私たちが今、
当たり前のように 
_____________________
便意や尿意を感じ、
トイレまで我慢して、
排泄をする。
_____________________
というプロセスを学んだのは、
トレーニングしたから!

(なんか、、、
真剣にいうのおかしい?
今更照れが、、、)

だから、
「経血意(生理の血が出そう!)」
を感じなければ、
我慢することも
意図的に排泄することも
出来ません。

今、あなたが
経血を我慢できないのは、、、

赤ちゃんが
トイレを我慢できなくて、
オムツでお漏らししているのと同じです。

だから当たり前なのです(^∇^)

「安心して下さい!!
まだ、あなたは
ナプキンつけてますよ!」

(とにかく明るくはないですが、、、w 古い?)

紙ナプキンを
今すぐやめることは、
いきなり赤ちゃんに
オムツをいきなり外すことと一緒。

だから、
幼稚園に上がる
4、5才くらいまでに。

つまり、

4年先くらいを
見込んでトレーニングしましょ。

まずは、「経血意」★
立ち上がったときに、
ドバッとくる感じ、
それは体感してますよね?

それを、
立ち上がった時以外も
感じられるようにしましょう。

そのために、
生理中は、
お腹に意識をして
お過ごし下さい。

ドバッと来そうなときに、
膣口を締め上げて、
骨盤底筋にチカラが入ると

トイレまで我慢できますよ〜

でも、自論なので、
今は患者さんに
モニター実施中♩

結果が出て来たら
ご報告しますね〜(^∇^)

コツさえ掴めれば、
4年なぞかかりません!

よろしければ、
みなさんも実践して、
ご感想頂けると嬉しいです。

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2017-08-30 | Posted in 女性のお悩みNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment