季節の変わり目に風邪をひいたり皮膚がかゆくなったり頭痛がする原因は?

季節の変わり目に風邪をひきやすいのはなぜ?

 

季節の変わり目に風邪をひいたり、

アトピーなどの皮膚疾患が悪化したり、

エアコンを使い始めると

頭痛や体のだるさに悩む方が

多くいらっしゃいます。

 

 

特に春から夏にかけての

季節の変わり目に

現れるひとつの原因は、

 

汗が冷えること!です

 

日中は夏日のように

暑くなるので、

油断しがちですが、

 

日中にかいた汗が

夜になるとその温度差で、

冷えてしまうのです。

 

この時期は夏のように

汗を拭くまでではないので、

ちょっとすれば引いてしまうことが

体を冷やす要因になってしまうのです!

そんなこんなを繰り返すことで、

その汗を放出させるために

強制的に汗をかかせるのが、

熱を出す=風邪をひくです。

 

 

なのでこの場合、

熱が上がることはカラダにとっては

正常な反応なのですが、

 

 

そこを解熱剤を使ったり、

しっかり汗をかいて

自らの力で熱を放散しないことによって、

 

風邪をこじらせてしまうのです。

 

 

 

 

汗が出ないために悪化する?!肌荒れやアトピー

 

この時期、

皮膚科はとても混み合ってます。

実は皮膚の炎症も起きやすい時期。

 

理由は、汗のかきはじめなど

カラダから熱を放出する

生体反応の機能がひとつの要因です。

 

 

私自身はアトピー持ちなのですが、

この春から秋にかけてと

あと、夏から冬にかけての時期。

 

もっともアトピーが悪化しやすいです。

 

もちろんすべてのアトピーさんが

同じではないとは思いますが、

 

私自身と、

多くのアトピーの症状を

持っている方に多いのは、

汗をうまくかけないこと!

にあると思います。

 

もちろん、汗はかくのですが、

その出始めの汗や、

中途半端にかく汗が

アトピーさんにとって

とても痒いもの!

 

なので、汗をかく=痒い

という認識になり、

おのずと汗をかかない生活をする

アトピーさんは多いはず、、、

 

汗腺の働きは弱まるのか、

悪寒がしたり、

たまに異常な寝汗をかくのも

アトピーさんに多い特徴です。

 

汗をかくのは、

カラダの体温を一定に保つためです。

 

その熱が放出できないと

カラダが火照りやすくなるから

かゆみが強くなるのかもしれません。

 

アトピーさん、

特に小児期の子供は、

海に行くと症状が改善されたりします。

 

友人の子供のアトピーちゃんは、

海沿いの街に引っ越して

毎日、海に行く生活をしていたら

アトピーが治ってしまったそうです。

 

 

そんな話はよく聞きます。

 

 

理由はいろいろありますが、

はっきりとはわかりません。

発汗作用が促されたことが

理由なのかもしれませんね!

 

 

 

 

 

汗が冷えることで起こるオフィスでの体調不良とは?

 

 

クーラーが効き始める

6月初めもカラダのだるさ、

頭痛や鼻づまり、

呼吸がしづらくなる方がいます。

 

また、目が疲れやすく

胃酸が多く出てくるような症状や

筋肉がこわばりやすくなります。

 

これも、

汗がクーラーに

冷やされることに原因があります。

 

 

真夏になってしまえば

症状は治まるのですが

汗が出きらないで、

クーラーでカラダが冷やされることで

体調不要は悪化します。

 

クーラーを使いはじめは、

そんなに設定温度も低くないので

見落としがちですが、、、

 

この汗をかき始め、

知らずのうちにカラダは冷やされている

可能性があります。

 

 

 

 

 

季節の変わり目に不調を予防するためにさらに汗をかかせる理由

 

汗が冷えて起こる

体調不良におすすめしたい

予防方法は・・・・

 

さらに汗をかくこと!

 

中途半端に汗をかいて、

その汗が引いてしまい

カラダを冷やすのであれば、

 

逆にたくさんかいて

すべて気持ちよく

出してしまうことが大切です。

 

その目安が、

ベタベタの汗がサラサラになるまで!

 

これに関しては、

肌の感触でご自身で

体感できるものです。

 

 

汗をかくためにあなたなら

どんなことをしますか?

 

▶︎筋トレやジョギングなど運動をする

▶︎半身浴で長めにお風呂に入る・サウナへ入る

▶︎睡眠・食事と規則正しい生活をする

 

すべて汗をかくために

良い選択肢だと思います。

 

 

方法はたくさんあるのですが、

ここでは、

頭痛や痛みが出ている方や

アトピーなどの皮膚炎が出ている方へ

おすすめしたい方法をご紹介します。

 

 

それは・・・足湯です。

 

汗をかきにくい方、

熱を放出しにくい方は、

 

運動を急激に始めたり、

お風呂に長く入ったり、

サウナに行くと、、、

のぼせやすいのではないでしょうか?

 

そんな状態ですと、

症状が悪化したり、

逆に健康を害することにもなります。

 

なので、

ラクに長く続けられて

家の中でもできる

足湯がおすすめです!

 

差し湯をし温度を調整しながら、

テレビを見たり本を読んだり

できるのも良いですね!

 

何度ももお伝えしますが、

 

目安は、ベトベトの汗が

サラサラになるまで続けること。

 

1日でなく数日様子を見ながら

ぜひやってみて下さい。

 

ただ、汗を放置して

冷やしてしまうことだけは

気をつけて下さいね!

 

 

しかし、、、、、

 

どんなに運動を習慣的にしていたり、

毎日半身浴をしている方でも

汗をうまくかけない方が

いらっしゃいます。

 

 

そういった方は、

発汗を促す背骨の一部分が

鈍くなっていることがあります。

 

 

どんなことをしても

すっきり汗をかけない方は

一度、背骨のチェックをするのも

おすすめです^^

 

 

 

本日のまとめ

 

・季節の変わり目(春から夏)の不調は、
日中かいた汗が夜間の温度差やクーラーに
よりカラダが冷やされて起こる

 

・季節の変わり目の汗の処理の留意と、
逆に汗を促すことで症状は緩和しやすい。

 

・カラダに負担なく汗をかく方法として
オススメなのは“足湯”

 

発汗を促す背骨の部位が鈍くなっている
足湯や運動をしても効果は半減するので
背骨の状態を整えておくと汗をかきやすくなる。

 

 

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2020-05-01 | Posted in ケースレポートNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment