長時間座っているとお尻から足にかけてシビレが出てくる[ケースレポート]

長時間座っているとお尻から足にかけてシビレが出てくる[CASE REPORT]

 

 

50代男性  長年のデスクワーク

長い時間座っていた状態から立ち上がると、
左のお尻から左太ももの外側、
スネにかけてシビレのような痛みが出てきて困っている。

 

既往歴(今まで経験した病気/ケガ/運動歴etc):

☑︎ 大学時代~社会人10年間 ロードバイク運動歴

☑︎ 40代 潰瘍性大腸炎 2回

☑︎ 40代 腰痛が悪化し、両側大腿部のしびれで
歩行困難(※間欠性跛行 )と筋力弱化
この際に、脊柱管狭窄症の診断を受ける

※足の痛み・シビレ・脱力のために歩けなくなり、
少し休むとまた歩けるようになる状態。

 

現在の生活スタイル:

☑︎ 腰を痛め、止むおえず自転車は辞めて毎朝の犬の散歩

☑︎ 仕事はデスクワークや打ち合わせが多くほぼ座り姿勢

☑︎ 週末のジムで筋トレと有酸素運動

 

悪化要因:

☑︎ 柔らかく、深い座り心地のソファのような
椅子に座る

☑︎ 座敷に長時間座って立ち上がるとき

☑︎ 前かがみで犬(小型犬)の散歩

☑︎ しゃがんで玄関で靴を履く動作

 

⇨ 腰を曲げる+ 股関節曲げる 状態で
(長時間)同じ姿勢をとることで症状が
悪化している

 

緩和要因:

☑︎ ジムでカラダを動かす

☑︎ 立ち姿勢、歩き姿勢、血流が良くなると

 

考えられる原因(考察):

過去、ロードバイク歴から

腰痛屈曲姿勢が長年続いたこと、

両側性に坐骨神経領域のしびれ

起こっていたことから、

 

40代の頃、

椎間板ヘルニアからの脊柱管狭窄症

起こした可能性が高いと思われます。

※坐骨神経痛の大半が椎間板ヘルニアにより
誘発されると言われている。

 

左の仙腸関節の可動性亢進により、

関節の不安定さが見受けられます。

そのため左の脊柱起立筋は過緊張を起こし、

腰椎をやや伸展位にすることによって、

L5/S1レベル左の下肢のしびれが

起こったと推測できます。

 

 

 

過去に椎間板ヘルニアを持っていた方は、

腰部過緊張(屈曲位を避けるor不安定になる部分を筋肉で支える)

特徴があり、

不意に背中を丸め、股関節を90°以上

曲げる動作が続くことにより、
(腰部屈曲位、股関節屈曲位)

腹内圧が上がるので、

立ち上がった際に腰椎をそらさなくても

狭窄症の症状が出やすくなった。と考えました。

 

 

ケアとアドバイス:

できるだけ、悪化する姿勢を避けるようにして頂きます。

大切なのは、過去の病気ケガを教えて頂くことです。

さらには症状の増悪緩和する姿勢/動作をを基準に

徒手療法を行うとにより、症状の改善が見込めます。

 

脊柱管狭窄自体の変性は改善は見込めませんが、

症状の緩和と悪化を防げている方は多くいらっしゃいます。

 

知らず知らずのうちに

過去に脊柱管狭窄症の経験がある方が、

悪化させる姿勢や動作をとってしまい、

さらなる痛みや股関節、膝などに二次的な症状

併発するケースがあります。

 

早めに専門家に相談することをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2019-06-14 | Posted in ケースレポートNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment