ヒトの生きる意味を考えたときに大脳新皮質からヒントを得たハナシ

 

 

先日、友人がこんな動画をシェアしていました。

 

 

簡潔に内容をまとめると

プラスティックによるゴミのせいで

海で生きる生物たちの誤って

プラスティックゴミや片を

食べてしまい、

命の危機や絶滅の危機にされされて

いるということです。

 

動物たちのつぶらな瞳を見ていると、

胸がギューと押しつぶされそうになります。

 

 

以前、ふと思ったことがありました。

 

人間て、生物界にとって

なんて邪魔な生き物なんだろうと。

 

食物連鎖の考えにおいて、

人間はいてもいなくても

いい存在なんではないかと。

 

ただ、穀物を主食に生きて、

死んで土に戻り、

微生物の肥やしになり、

(今や火葬してしまうから肥やしにもなりません)

 

と言うと、

かなり不謹慎なことを言っているように思いますが、、、

 

事実、人間は何のために生きているのだろう?

空気を汚し、森林をつぶし、

プラスティックゴミをその辺に投げて、

自分たちの命ならまだしも

美容のために小動物を実験に使い、

 

たぶん、言い出したらきりがないほど、

自然の循環のために

不必要な生物のように感じます。

 

 

何なら、もっと動物的に生きたら、

生物界の仲間いりができるのでしょうか?

 

人間が理性を無くして

本能のままに生きたら・・・

 

それもそれで違う気がします。

 

 

霊長類、特にヒトが最も発達しているのは、

大脳新皮質です。

 

ヒトがなぜ生きて存在しているのかは、

他の動物にはない部分からでしか

割り出すことができないはず。

 

その中で、

ヒトの脳を理解するのにとても

シンプルに表現している記事を見つけました。

わかりやすく脳を3つに分けると??

 

その中で

①「生きている!」脳幹、脊髄系
②「たくましく生きていく!!」大脳辺縁系

ーーー(他の動物との違い)ーーーーーーーー
③「うまく、よく生きている!!!」大脳新皮質

となるのですが、

ここでの表現として、

うまく生きていくには我慢=制御が大切で、
よく生きていくには豊かな思考や想像力が必要です。

 

[文中を引用]

 

つまり私が自分が生きているのに

何が必要であるか

割り出したかといいますと、

 

 

本能的な情動を自らコントロールしつつ、
豊かな感性を持って、
ともに共存していく術を思考すること

 

ここなのかなと。

 

それは他の動物にはできないことです。
同じ種であれば共存することは
できますが、

 

知恵を持って、

すべてがバランス良く生きる方法を

考えるために生まれたのだと。

 

動物が羨ましいのは、

この思考がないからこそ

自然の中で生きていけること。

 

本能をコントロールし、

豊かな感性を持って

他と共存する術を思考し続ける。

 

 

これがきっと人間にとっての

自然なのかもしれません。

 

 

しかし、

間違った教育や教え込みにより、

必ず、判断を誤まります。

 

 

自分の感性と思考を今ある知識の中で思考して、

自分だけでない、

他人(人間)はもちろんのこと、

他の種までのことを考えて

どう行動を起こすことができるか?

 

 

 

ある宗教的な団体にいた時に

その宗教外の人から言われたことがあります。

 

「みんな思考が停止していると。」

 

当時、私はこれが何を意味するか

わかりませんでした。

私はただ正しいことをやっている。

 

それしかありませんでした。

 

 

でも、よくよく考えると、

これは自分が信じている人間に

自分の思考を任せていることに他なりません。

 

 

もちろん、同じ思考で

賛同していた人もいるかもしれません。

 

あなたは、

自分の頭で思考して行動できますか?

 

 

私は、正直できていません。

 

 

特に、社会に出たばかりで

経験値が少ない10代の頃。

 

自分にとって思考することは困難でした。

 

日本の教育で必要なのは、

冷静に自分の思考を理由を持って

人と意見交換することにあると思います。

 

 

私は、時に理屈っぽいと言われます。

可愛くないとも言われます。

きっと私に足りていないのは、

他の価値観を受け入れること。

 

 

みんなが言ってるよ!

誰々が言ってたよ!

 

 

そうではなく、

あなたがどうしてそう思うのか

理由が知れたら、

きっともっと受け入れられる。

 

 

これからも、

人はあらゆる新しい経験と出会いで

感性を高めるでしょう。

 

 

その時に、

自分の思考で周りの人と、

多くの自然のために沿った判断ができる

人間になりたいと思う。

 

 

人は多大なストレスや痛みや不調がある時に

自分のことしか考えられないものです。

だから、感情が高ぶり人を傷つけます。

 

 

人に優しくできないことは

みんなあるでしょう。

人は同じ価値観を持っていないと

なかなか受け入れられないし

すれ違ってしまうもの。

 

 

でも、動物や植物には、

大脳新皮質が発達していないから、

価値観のぶつかりを生むことがありません。

無論、それを私たちは

それを押し付けることもしません。

 

 

だから、優しくできるし、

癒しを与えてくれる。

 

そんな、動植物からかなり

私たちは恩恵を受けています。

 

 

自分の意見を受け入れてもらえない時は、

そこに怒りをぶつけるのでなく、

動植物に相談したらいいですね。笑

 

だからこそ、

私たちは、個人が持つ

豊かな感性と思考を総動員させて、

他の人の価値観も受け入れながら、

世の中がよくある方法を見つけなければ

いけないのだと、

この動画、そしてコロナの現状から

思い直すことができました。

 

 

 

みなさんは、

ご自身の感性と思考を総動員させて

どんな共存環境を生み出しますか?

 

 

自然の循環の中で

コントロールと思考によって、

ヒトは不必要な生物にも

必要不可欠な存在にも成り得てしまう。

 

 

今回は、自分の心の中を少し自己開示させていただきました。

まとまりのない文章で恐縮ですが、

少しでも共感いただけたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KaradaSuppin公式LINE!
友だち追加
※予約・症状のご相談専用のLINE@です。
営業目的ではないので、
お友だち追加をして頂きお気軽にご相談下さい。

2020-05-07 | Posted in No Comments » 

関連記事

Comment





Comment